ご宿泊日 / /
ご宿泊人数

ホテルについて
About HOTEL.

「暮らすように、泊まるホテル」

ホテルがある場所は、丹後半島の西の付け根、久美浜。
周辺に有名な観光地があるところでもありませんが、
海と山に囲まれ、自然に恵まれた素晴らしい景観のロケーションです。

ホテルが立地しているのは、久美浜湾に隣接するかぶと山公園の中。

かぶと山に背を向けて、久美浜湾を見晴らすと、
西に連なる山々や湾を往来する小さな漁船の姿が遠くに見え、
いつもは忘れていた自然の息吹を全身で、心で感じることができます。

きっとだれもが、気持ちいい、と感じられるロケーションであることが何よりの魅力です。

人が暮らすべき場所、
人が帰ってくるべき場所、
心が落ち着く場所、
勇気を取り戻す場所。
HOLIDAY HOMEが皆さまにとって、
ホテルというより【HOME】でありたいと願っています。

ホテル案内図

案内図

ホテルの建築

設計・施工/安井杢工務店
設計・監理/久佐崇、落合重太(安井杢工務店)

設計・監修・施工を日本の伝統建築を手掛ける、京都・安井杢工務店に依頼。数寄屋造りを得意とする工務店で、御所、永平寺、迎賓館などの木工事、改修工事を請け負っています。久美浜の建築では安井杢工務店の久佐崇氏の設計デザインで構造は日本の伝統的なスタイル、木材は日本の雑木を主に用い、屋根には諏訪の鉄平石を使って、日本的なエッセンスを散りばめてはいますが、イメージやディテールは西洋にも学んでいます。いろんな要素を寄せて集めて、この建築も一つの数寄屋造りになっているのです。建物の基礎部分や雑木林にアクセントとなっている石垣や丸棒の柵は弊社スタッフによる力作。 デラックス・スイート・ルームはリニューアル前からある建物で、コッツウォルズのハニーストーンの石の建物に隣接した別棟の木造建築です。こちらも安井杢工務店の作品。

雑木林ガーデン in HOTEL

造園設計(雑木林)/金子文治

雑木林といえば、この人、と言われるほどの職人。かぶと山に自生している樹木を確認し、かぶと山に溶け込むようにホリデーホームの雑木林を設計して頂きました。関西では珍しい雑木も交えてとても個性的なバランスの雑木林になっています。木々の株もとにもかぶと山に似合う山野草や清楚な花木をあしらって、華やかさはないけどシックな印象の庭が広がります。ぜひ、ホテルの敷地内の、林の小径を歩いてお楽しみ下さい。

周辺情報

京都/京丹後 久美浜のロケーション

「自然と食」の久美浜

京都府京丹後市久美浜町は京都府の北西に位置し兵庫県と隣接する自然豊かな町です。
日本海と久美浜湾があり松葉蟹、久美浜湾の牡蠣をはじめとして新鮮な海の幸を楽しめます。
メロン、ぶどう、桃、梨などフルーツの栽培も盛んな京丹後、もちろん地元で栽培されたお野菜などの
山の幸も楽しめます。

かぶと山

久美浜湾を見晴らす、
四季折々の景色は丹後半島唯一の絶景!

流紋岩の溶岩からできている溶岩円頂丘(トロイデ)で、その特徴ある鐘型(兜状)の形そのままの形状の山です。頂上には地域の旧名の熊野郡の由来である熊野神社があり、古くから神奈備山(かんなびさん)とも呼ばれ、ご神体として崇められた山で、現在でも地元の人々に「神さんの山」として親しまれています。
2015年の春には展望台が改装されゆったりとした展望デッキに生まれ変わり、360度の見晴らしが楽しめます。春はヤマツツジ、山桜、秋は紅葉を楽しめる散策スポットとしてもお勧めです。頂上からは、穏やかな久美浜湾、小天橋、そして日本海へと続く展望がとても美しいので、気候のいい時期にホテルを訪れた方にはぜひ挑戦して頂きたい山登りです。上りで約35分のコースです。
※軽装でOKです。

和久傳の森

明治3年、京都府北部の京丹後市で料理旅館として創業した「和久傳」。その「和久傳」が2007年より56種およそ3万本の植樹を行ってきた和久傳の森に、『森の中の家 安野光雅館』と工房レストラン「wakuden MORI(モーリ)」をオープンしました。
『森の中の家 安野光雅館』の建築を手がけたのは、「光の教会」などで知られる建築家 安藤忠雄氏。画家、絵本作家である安野光雅氏の作品を優しい水彩画で自然の風景などを描く安野光雅氏。また、工房レストラン「wakuden MORI(モーリ)」。こちらのレストランでは、海も山も近い京丹後ならではの、自然の恵み豊かな食材を「和久傳」の技ともてなしで楽しむことができます。

http://www.wakuden.jp

久美浜

久美浜湾沿いに、海水浴場、温泉、果樹園、花の寺、
豪商稲葉本家とお楽しみは十分。

約20分で久美浜湾を車で一周。そのルートの中で楽しめるのが、立ち寄り温泉、花の寺如意寺、豪商稲葉本家見学(ここでお土産も買えます)。また、漁船のボートですが、久美浜湾クルーズも。夏から秋にかけて果樹栽培が盛んで、夏はメロンやスイカ、桃。秋はぶどう、梨、いちじくがたくさん採れます。フルーツ狩りもできます。立ち寄り湯のできる温泉もいくつかありますので、ぜひ!
久美浜のいちばんの魅力は、季節を映す久美浜湾越しに眺める山並みの風景、そして夕空です。

www.kumihama.net

伊根

ホテルから車丹後半島の海沿いの道を走って約2時間、伊根に到着です。伊根湾を囲む小さな漁師町ですが、一階に船を停泊させる艇庫、2階が住居になった舟屋と呼ばれる家並みが230軒も連なり、風情のある景色を楽しませてくれます。伊根湾巡りの遊覧船もあります。海沿いを走るドライブコースも丹後の四季折々の自然を満喫できてお勧めです。
ine-kankou.jp

天橋立

言わずと知れた日本三景の一つ。丹後半島唯一、観光スポットが集結しているエリアでもあります。伊勢の神々が元々ここから伊勢に移ったという、元伊勢籠神社をはじめ、文殊の知恵で知られる智恩寺や成相寺などの寺社や、3.6kmにも及ぶ松林の砂州・天橋立を望む笠松公園など自然景観にも恵まれた名勝地。
www.amanohashidate.jp

夕日ケ浦

ひなびた風情ある温泉宿が建ち並ぶ浜詰地区、夕日ケ浦はその名の通り、夕日の美しいビーチ。夕方砂浜から海に向かえば、海に沈む夕日が目の前いっぱいに広がります。すぐ隣には1200年前に発見された古い名湯、木津温泉もあります。
yuukan.com

丹後町

海岸線の美しさは丹後半島一。経ケ岬、立岩、屏風岩、丹後松島と海岸線を走るだけで日本海の美しさを様々に楽しめるところ。夏の海水浴シーズンはもちろん、秋の紅葉も日本海と一緒に満喫できるエリアです。
www.tan-go.jp

城崎温泉

志賀直哉を始め、著名な文豪に愛された湯の街として、その風情あるたたずまいの中、歴史ある老舗温泉旅館が軒を連ねています。お勧めは何と言っても外湯巡り。七つある外湯を巡ってみて下さい。
www.kinosaki-spa.gr.jp

出石

久美浜から車で40分。小さな城下町、出石は割子そばのスタイルで楽しむ出石そばが有名。50軒のそば屋が集まり、お土産物屋さんもあったりで、1〜2時間遊ぶのにはちょうどいい、コンパクトにまとまった観光スポット。
www.izushi.co.jp

ちりめん街道<与謝野町>

丹後ちりめん発祥の地といわれる与謝野町。260もの集落で構成されるちりめん街道には江戸〜昭和初期に立てられた風情ある建造物が120軒も残っています。見学可能な建造物も多く、また、お茶飲み処などもあるのでゆっくり半日観光を楽しめます。
http://www.yosano.or.jp/chirimen-kaido/

琴引浜<網野町>

鳴き砂の浜として有名な琴引浜。砂浜を歩くとキュキュッと砂が鳴き、その名が付きました。全長1.8kmにわたる日本屈指の長いビーチで、美観を守るため早くから禁煙エリアになっています。海水浴シーズンは丹後半島の中でも人気のビーチです。
summer.nihonkai.com/beach/tango/kotobikihama